カルボナーラ

カルボナーラ!卵黄1個で美味しいカルボ!失敗しないカルボナーラレシピ!

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)拡大画像

卵黄1個で作るカルボナーラのレシピ投稿です!

今回のカルボナーラはパンチェッタ、生クリーム、卵黄1個で作るレシピ

じゅんまむ基本のカルボナーラはパンチェッタ、生クリーム、全卵1個、卵黄1個

卵一つ少なくして手間は減るけど美味しいカルボナーラは出来るのか!?

では早速作っていきます

レッツクッキング!

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)材料紹介

パスタ(1人前)
  • マッケローニ アッラ キタッラ 100g ※ ディ・チェコ No13使用、茹で時間10分
  • 塩 塩分濃度1%
ディ・チェコのパスタ マッケロー二 アッラ キタッラ No.13
ディ・チェコ マッケロー二 アッラ キタッラ No.13
昆布水
  • 昆布 20g
  • 水 1,000g
昆布水一晩漬け置き後
昆布水一晩漬け置き後
パスタ具材(1人前)
  • パンチェッタ 20g
  • 卵黄 1個
  • 生クリーム35% 20g
  • パルミジャーノ・レッジャーノ(粉末) 20g
  • パルミジャーノ・レッジャーノ  適量 
  • ブラックペッパー 適量
  • 昆布水 40g※追加用は分量外
  • EXVオリーブオイル 20g ※仕上げ用分量外
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)材料
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)材料

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)レシピ 

1.下準備(昆布水、卵液)

昆布水を作る

昆布水の作り方はこちらの投稿に載せています

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、全卵、卵黄)拡大画像
カルボナーラ!パンチェッタ、生クリーム、全卵、卵黄で作るレシピ!絶対失敗しないカルボナーラのレシピ投稿です!じゅんまむが作る基本のカルボナーラレシピ!生クリーム×全卵×卵黄×パンチェッタの配合で失敗間違い無し!4つのポイントも載せていますので初心者さんでも美味しいカルボナーラが作れます!...

卵液を作る

今回使用する卵はスーパーの特売卵M寸です

卵黄1、生クリーム35%をボウルにまとめる

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)卵液準備
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)卵液準備
アイコン名を入力

生クリームは乳脂肪分35%を使用!
タカナシさんの生クリームは手に入りやすくてよく使ってます!

混ぜ溶いて卵液を作る

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)卵液完成
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)卵液完成
じゅんまむ

スーパーの特売卵でもカルボナーラは作れる!

パンチェッタ下準備

パンチェッタは5mm角の拍子木切り

パンチェッタは使いやすい短冊タイプも売っていました

created by Rinker
¥3,299 (2022/12/09 07:16:13時点 楽天市場調べ-詳細)

2. パスタを茹でる。

パスタを塩分濃度1%でで茹でる。(茹で表記時間−1分)

今回はマッケロー二・アッラ・キタッラというパスタを使用

ディ・チェコのパスタ マッケロー二 アッラ キタッラ No.13の断面
ディ・チェコ マッケロー二 アッラ キタッラ No.13 断面
アイコン名を入力

断面が四角で肉類のソースと相性が良いんだけど、ソースがよく絡まるのでじゅんまむはカルボナーラでもよく使うパスタ!

3.パスタソースを作る①(パンチェッタソテーから昆布水で乳化)

フライパンにオリーブオイルを引き、弱火でパンチェッタに火を入れていく

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像

パンチェッタに火が入ったら(ほんのりきつね色)昆布水を入れる

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像2
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像2

中火にして混ぜながら鍋底に付いてる旨味を溶かす

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像3
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像3

フライパンを揺すりながらオリーブオイル、パンチェッタの脂、昆布水を乳化させてパスタソースのベースが完成

じゅんまむ

基本ベースの作り方はカルボナーラ(生クリーム、全卵、卵黄)と同じ!

大事なのはパンチェッタの風味をソースにうつすこと!

4.パスタソースを作る②(パスタ茹で上がりから卵液を絡める。)

パスタが茹で上がったら、中火にしソースと絡める

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像4
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像4
じゅんまむ

卵黄×1のカルボナーラは特に水分量が大事!

水分が少なければ昆布水追加!

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像5
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像5

弱火にして1の卵液を加える

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像6
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像6

混ぜながら火を入れていく

じゅんまむ

卵黄は短時間で固まりやすいので手早く仕上げる!

5.仕上げ(チーズ投入から盛り付け)

火を止め、パルミジャーノ・レッジャーノ(粉末)を加えて混ぜる

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像7
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像7
アイコン名を入力

卵黄のみなのでチーズを入れたらソースがモテっとしやすい。
さっと混ぜて皿に盛る!

皿に盛り、ブラックペッパーを削り、EXVオリーブオイルを振りかける

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像9
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)調理画像9
アイコン名を入力

オリーブオイルは少し多めでもOK!
でもかけ過ぎには注意!

パルミジャーノ・レッジャーノを削り完成

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)全体画像
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)全体画像

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)まとめ

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)イメージ画像
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)イメージ画像

卵黄1個で作るカルボナーラのレシピ

基本の作り方や、卵以外の分量はカルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、全卵、卵黄)と同じです

大事なのは水分量とスピード

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、全卵、卵黄)の時も水分量は大事でしたが、卵黄1個はもっと大事です

作ってみて水分量の大切さを再認識しましたw

卵黄のみで固まりやすいので手早く仕上げるのも重要!

そして味の方はというと…

味はカルボナーラなのですが、やっぱり卵の風味が弱い

決して不味くはないのですがねw

もし卵黄1個で作る場合の対策は、

  • 生クリームを入れない
  • チーズを多めにする
  • 玉ねぎなど甘味が出る野菜を入れて味を補強する

卵とチーズの相性は抜群なので、そこの風味を強くして美味しくしたり、玉ねぎの甘味を足すことをオススメします!

じゃあ卵黄1個のカルボナーラは作らないほうがいいの?…ではないです

卵の風味が弱いというデメリットもあるけど、メリットもあります!

まず経済的!

そして、卵黄のみなので固まりやすい

ということは…

卵黄1個で完璧にソースを仕上げれたらもう何も怖くない!

じゅんまむ

経済的で練習になる!

それではカルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)のじゅんまむポイント

じゅんまむポイント

じゅんまむポイント
  1. 水分量はシビアにチェック
  2. 卵黄は固まりやすいので卵液を入れてからは素早く仕上げる
  3. チーズを入れたらサッと混ぜてお皿に盛る
  4. 最後のオリーブオイルは少し多めでもOK

作って頂ければ幸いです

カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)パスタアップ
カルボナーラ(パンチェッタ、生クリーム、卵黄×1)パスタアップ
パスタバカじゅんまむの一言

卵黄1個でカルボナーラ作りなれてない…難しいかんね。。。メロリン

パスタバカじゅんまむの愛用キッチンアイテム

ナイフ類

  • シェフナイフ ツヴィリング ツインセルマックスMD67
  • シェフナイフ ツヴィリング フィン2
  • ペティナイフ ツヴィリング フィン2

フライパン類

  • バッラリー二 フェラーラ20cm
  • バッラリー二 フェラーラ クォーク

キッチンツール

  • シリコンスパチュラ 無印良品

スプーン型になってるスパチュラ!ソースとかすくえてお皿に盛りやすい!

  • ゴムベラ オクソー

しっかりしていて使い勝手がいいです!

  • トング

耐熱トングなのでパスタを作る時にすごく重宝してます!

  • サービススプーン

サーバースプーンとしても使えて、昆布水やブイヨンを入れるときにも使えて便利!

  • サービスフォーク

パスタソースの中でニンニクを潰すときに便利!

食器類

  • ARAS
  • STAUB
  • パスタ皿
ABOUT ME
じゅんまむ
元パスタ屋さん! 現在パスタバカ(自称)です!